環境学習
  (所要時間 : 原則として90分間)

マーク 対   象 ・・・ 事前に予約した団体に限ります。
     (団体例:学校、PTA、自治会、市町村役場、子ども会、民間企業など)
     
マーク 費   用 ・・・ 無料
     
     
マーク 学習内容  

 
〜講義を中心とした環境学習〜
 「水環境問題」、「ごみ問題」、「地球温暖化」など、ご希望のテーマに応じた講義と関連した体験活動を行います。
  講義例 : 「水環境問題」  
  <内容例>
1:地球環境問題と水
2:大切な水
   ・水の循環
   ・暮らしに必要な水
3:水を汚している原因は?
4:実験「生活排水等を調べて
     みよう(パックテスト)」
5:私たちができることは? 等
  講義:水環境問題   実験:パックテスト(水質簡易検査)
  講義例 : 「ごみ問題」  
  <内容例>
1:ごみの現状と問題
   ・ごみの量と中身
   ・処理の問題
   ・ごみ分別の意味
2:リディース、リユース、リサイクル(3R)
3:体験「地球にやさしい品物選び」
   ・環境ラベル、グリーン購入
4:私たちができることは? 等
  講義:ごみ問題   実験:地球にやさしい品物選び
  講義例 : 「地球温暖化」  
  <内容例>
1:地球温暖化とは?
   ・温暖化するとどうなるのか
2:温暖化の原因
3:省エネ・省資源のライフスタイル
4:私たちができることは? 等
  講義:地球温暖化

〜ものづくりをまじえた環境学習〜
 廃ガラスの粒を再利用して絵を描く「リ・グラスアート」や、紫外線に当たると色が変わる「UVビーズストラップづくり」などの体験活動と、関連する環境学習を行います。
  ものづくり例
     
  リ・グラスアート   UVビーズストラップ   化石レプリカ
  廃ガラスの粒(カレット)を利用し、砂絵のようにして好きな絵を描きます。   紫外線に当たると色が変わるビーズが入ったストラップを作ります。   絶滅した恐竜などの生き物の化石レプリカを作ります。

     
  鉛筆づくり   裂き織り   紙すき
  短くなった鉛筆を新聞紙や流木を利用してもう一度使えるようにします。   使わなくなった布などを裂いて織って、コースターなどを作ります。   いらない封筒など紙製品を使って、新しくハガキなどを作ります。

〜自然体験をとおした環境学習〜
 環境センター近くの磯での「海の生き物観察」や、自然の中での遊びを通して自然の不思議や仕組みを考える「ネイチャーゲーム」などがあります。
  自然体験例    
       
  海の生き物観察   ネイチャーゲーム    

〜その他の学習〜
 ◆「環境保全活動の取組み」や「学校版環境ISO」などの取組みへの支援
 ◆ 環境に関するビデオによる学習


マーク 予約手順  
 
 学習を希望される月の「前月20日まで」に電話で下記内容をお知らせ下さい
    @ 日時
    A 希望するテーマ
    B 人数
    C 団体名
    D 連絡先(担当者名、電話番号)
 
                         ↓
 
 予約ができましたら、「施設利用申込書」をFAX、メール又は郵送で速やかに
ご提出ください
    ※ 「施設利用申込書」の様式はこちら(pdf)
    ※ 「施設利用申込書」の様式はこちら(Word)
 
                         ↓
 
 学習日の1週間ほど前に「事前打ち合わせ」を行います
    当日の学習を担当する環境センターの環境指導員からお電話します。
    (学習内容や人数などの最終確認を行います。)
 
                         ↓
 
 当日、来館・環境学習の実施
 
HOME   .

(C)2001 熊本県環境センター All rights reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。