ご利用の手引き

「館内学習」

 熊本県環境センターに団体で来館される方々は、施設見学以外に、要望に応じて地域や地球に起こっている様々な環境問題をはじめ、自然との共生や調和のあり方について、レクチャーや簡易実験などによる環境学習ができます。

1 対象
 
 
事前に予約された団体(学校、市町村、公民館、こども会、民間企業など)

2 実施する環境学習
     
レクチャー(来館から依頼されたテーマに関する説明)や簡易実験
 
・学習のテーマと内容
 『水環境』 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 森林と水環境、河川・海洋汚染、生活排水、パックテストによる水質調査など
 『大気汚染』 ・・・・・・・・・・・・・・ 二酸化炭素、浮遊粉塵、窒素酸化物、樹木co2吸収量調査など
 『ごみ問題と循環型社会』 ・・・ ごみ問題全体、3R、地球にやさしい品物選びなど
 『省エネルギー』 ・・・・・・・・・・・ 省エネルギー、省資源、自然エネルギー(風力・太陽光発電、バイオマス等)、消費電力調査など
 『地球環境問題』 ・・・・・・・・・・ 地球温暖化、酸性雨、種の減少、オゾン層の破壊、光化学スモッグなど
 『環境保全活動』 ・・・・・・・・・・ 取組の実際、こどもエコクラブの紹介、活動の企画支援など
 『学校版環境ISO』 ・・・・・・・・・ 取組の紹介、学校における環境教育など
 
体験活動(ものづくりなどを通した、環境に関する学習)
 「リ・グラスアート」「紙すき」「裂き織り」「鉛筆づくり」 ごみ問題と循環型社会に関すること
 「化石レプリカ」「お香づくり」 環境にやさしい暮らし方に関すること
 「UVビーズストラップ」 オゾン層の破壊に関すること
※内容により、人数の制限があります。    
     
自然体験
 「磯観察」、「ネイチャーゲーム」
 
3 学習に要する時間(概ね)
 
◇実験や体験を伴う学習・・・・・・・1時間〜1時間30分
◇実験や体験を伴わない学習・・・1時間程度
◇館内の自由見学・・・・・・・・・・・・30分程度(企画展示の鑑賞やエコステージでの体験型学習ができます)

4 経費
     
 
無料

5 来館までの手順・注意事項
     
来館までの手順    注意事項
   

6 その他
  図書館資料の閲覧やビデオ等の視聴もできます。(情報プラザ)
  来館が難しい場合、環境センターの職員が出向いて館内での学習と同様の環境学習を行う「動く環境教室」や、体験活動を中心に扱う「エコロジストリーダー派遣制度」、環境センターに登録された環境の専門家による「環境教育指導者派遣制度」も利用できます。
(「動く環境教室」「エコロジストリーダー派遣制度」での体験活動では、一人100円の体験材料費が必要です。)
  テレビ会議システムによるインターネット授業ができます。学校等の団体から依頼される環境問題をテーマにした講義や、研究・発表した内容についてのアドバイスを行います。

7 環境センター施設利用申込書
     
 
Adobe Acrobat Reader (pdf形式 109KB)
 
Microsoft Word (doc形式 44KB)
  一太郎 (jtd形式 27KB)

PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader4.0 以降のバージョンが必要です。
こちらからダウンロードすることが出来ます。
Adobe Acrobat Readerのページへ
※Adobe Acrobat Reader は無料です。
戻る BACK HOME  ホームへ
 
(C)2001 熊本県環境センター All rights reserved.
各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。